スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
作品感想 ~借りぐらしのアリエッティ~
キャンプから帰って来ました。
疲れで眠いです……。

しかし眠らずに映画館へ向かう俺。

明日から試験なのにね……。



本題であります



作品感想シリーズ第一弾!



記念すべき第一回目は

「借りぐらしのアリエッティ」

です! うーんタイムリー。



個人的に得点をつけるとしたら

87点

ぐらいでしょうか。
ちょっと人を選ぶ良作って感じです。

ファミ通的に言うと






ぐらいです。



ってなわけで、こっからはかもしんの感想になります。
なるたけネタバレは避けるように書きますが、
どうしても書かないといけない場所もあると思います。
どこからがネタバレなのか、ってのも人によって違うと思うし。
気にされる方は見ないことをオススメします。
そこらへんは自己責任ってことで。



ではでは、追記で感想!
(『コメント』のボタンを押しても見えてしまうので気をつけてください)

















・世界観 ◎

素晴らしい! マーベラス!

「家と庭」という狭い世界に環境問題の縮図が描かれてました。
そこらへんはまさにジブリ作品。
今作では「自然」より「生き物」「命」というものに重きが置かれている気がします。

また、小人というレンズを通して見る世界の大きさが緻密に描かれていて、
自分が小人になってしまったかのような錯覚すら覚えるようでした。
特に水の描写が素晴らしかった!
表面張力、水滴、雨粒etc……。
その観察眼と想像力には感服の一言。



・キャラ ○

病気の治療のために引っ越してきた少年、翔。
床下の小人、アリエッティ。
良くも悪くも人間らしいお手伝いのおばさん、ハル
それぞれ「死」「滅ぶ自然」「人間」のメタファーとして役割を果たしているように思います。
作品内のキャラの役割がハッキリしていてすんなりと展開が頭に入ってきます。

ちょっと残念なのは、少しキャラが薄いこと。
叫び、訴え、時には圧倒的で恐ろしい力。
ジブリ作品というとこういった「力強さ」のイメージが強かったです。
それに対して「アリエッティ」では
「健気さ」「前向き」といった、どちらかというと淡い感じの雰囲気で話が進んでいきます。

自分は「風の谷のナウシカ」が好きです。もち漫画も読みました。
世界に訴えかけていくナウシカの「力強さ」に人間の美徳があると思っています。
そういった人間らしさというか、人間臭さというかが少し薄かったような気がするのです。

どちらがいいかは好みの問題なのかもしれませんが……。



・ストーリー ○ (だけど……)

ほとんど◎コースだったのに!

まるでRPGの謎解きのように翔とアリエッティが協力するシーンとか凄くワクワクしました!
作品全体に横たわってる死の匂いも好きだし!
ラストシーンの翔のセリフとか鳥肌立ったし!

ただ、ただね!

2時間短い!

もっと、もっと観ていたかった!
すこし物足りなさを感じる終わり方でした。

これは「床下の小人たち」を読みなさいというジブリのお告げなんですかね。



・考察的ななにか

自然を保護しようと思う人には、自然はアリエッティのように可愛らしく、魅力的に見えているのでしょうか。

実は自分は環境問題にそこまで興味がありません。
むしろ「授業で習ったから」「先生に言われたから」レベルの価値観の押し付けにほとほと嫌気がさしているぐらいです。地球は自分が死ぬまで人間が住めればそれでいい、とも思います。

しかし、その人が自然に美的価値を見出すというのであれば、なるほどな、と思えるのです。
別に自然に恨みがあるわけではないです。
時にはその雄大さ、繊細さ、力強さに驚嘆することもあります。

ただ、その比重が自分にとって大切なものに比べて軽いというだけで。

俺だってキャラクターや理想というものに美を見出し、それを守ろうとします。
それを考えたら「環境保護」だってなんら変わらないものだと思いました。

俺はそんな人間の利己性が好きです。

アリエッティというより、ジブリ作品を通して学んだこと、なんですけどね。





この作品は俺の命、心臓の一部に確かになったと思います。





以上、「借りぐらしのアリエッティ」の感想、終わり。
スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:サブカル

[2010/07/18 21:11] | 作品感想 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<「萌え」考察 ~序説 「そもそも萌えって何?」~ | ホーム | キャンプ ~ボーイスカウト~>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://gamekamokamo.blog40.fc2.com/tb.php/582-2e60ff55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。